【TDR】天気や季節で変わる?おすすめする東京ディズニーリゾートでの持ち物

東京ディズニーリゾートは屋外のテーマパークですので、季節や天気の影響をかなり受けます。雨や風や雪、強い日光など色々ですが、それによって、持っていたほうが良いものがいくつかあります。

一般的に必要だと思われる持ち物をチェックしておいて、いざという時困らないようにしておきましょう。

おすすめの持ち物

東京ディズニーリゾートでおすすめするアイテムです。

レインコート&レインブーツ

雨が降ったり、降りそうな時は雨具を持っていたほうが良いです。この際東京ディズニーリゾートにおいては、傘は結構邪魔になります。アトラクションに乗る時は傘はさせない上に持っていると邪魔ですし、ショー待ちなどでも傘は使えません。ですので、レインコートやポンチョなど、着るタイプの雨具がおすすめです。

レインブーツは、地面からの水の跳ね返りや、軽い水溜まりを踏んだりすることを防ぐために必要になります。結構東京ディズニーリゾートは水が溜まることが多いので、歩いているうちにびしょびしょになります。レインブーツを履いて中に水が入らないようにしておきましょう。

防水ケース

スマートフォンやカメラなどを濡らさないようにする物は必要です。また、カードホルダーなどチケットを入れておくものも必要になってきます。大切なものが濡れないように、防水は気をつけて行く必要があります。

レジャーシートやクッションシート

平たく言うと、お尻の下に敷くものです。パレードやショーの待ちのときに使ったり、ベンチで休憩する時に使ったりします。特に真夏や真冬は座る所が熱かったり冷たかったりしますので、長く座っているのは辛い時があります。そういう状態を緩和するためにクッションシートをおすすめします。

まとめ

東京ディズニーリゾートではできるだけ物は持たないほうが動きやすいです。ですが、あったほうがよいアイテムは状況によって出てきますので、無くて困ることが無いように事前に準備をしておくと安心です。

レジャーシートやクッションシートなどはパーク内でも入手できますので、そちらを当てにするのも良いと思います。