【TDL】2020年春に向けて大規模工事がスタート

東京ディズニーランドでは、「美女の野獣エリア」「ベイマックスアトラクション」「ミニーのグリーティング施設」「大型の劇場」が予定されていました。

そして2017/04/05に起工式が行われ、2020年のオープンに向けて工事が始まります。

新エリア予定図

2020年オープンということは、丸3年をかけてエリア拡張やアトラクション建設ということで、かなり大掛かりなものになります。トゥーンタウンとスペースマウンテンの間にある敷地に建設されるので、少々目立つものになるかもしれません。

日本での美女と野獣人気がどこまで上がるかは少々わかりませんが、それによって人気度も大きく変わるかもしれませんね。ですので、実写版美女と野獣が話題になっていますが、その人気次第で将来の新エリアの需要が変わる可能性があるということです。

何にしても、計画が白紙にならずに着工まで行くのは喜ばしいことです。どれだけ素敵なものになるかを心待ちにしていましょう。
東京ディズニーランド 大規模開発起工式を開催 いよいよ本日よりプロジェクト始動