【TDL】ワンス・アポン・ア・タイムが2017/11/06で終了

東京ディズニーランドのキャッスルプロジェクション「ワンス・アポン・ア・タイム」が2017/11/06に終了することがオリエンタルランドのリリースで発表されました。

東京ディズニーランドの夜のショーのうちのひとつで、シンデレラ城にいろいろな作品の映像を音楽に合わせて映していくものです。エレクトリカルパレードと並んで夜のメインショーだったのですが、とうとう終了するということで、残念だと思う方も多いかもしれませんね。

ワンス・アポン・ア・タイムについて

2014年から夜のショーとして、始まりました。シンデレラ城をスクリーンにした大掛かりなプロジェクションマッピングということで、パーク内のかなりの範囲から見られるものとして、人気が出ました。

主にディズニープリンセスが出て来る作品の楽曲やシーンが次々と出てきますし、マイナーチェンジも少しあったかもしれません。

フローズンファンタジー2017終了後からは抽選なしで沢山の人が正面から見られるようになったので、まだまだ続くと思っていたところでした。

そのワンス・アポン・ア・タイムも2017/11/06に終了ということですので、あと7ヶ月ほどの期間です。見ていない方はぜひ東京ディズニーランドでワンス・アポン・ア・タイムを見ておいてください。

まとめ

ワンス・アポン・ア・タイムが2017/11/06に終了するのは残念ではあります。

そのあと、2017/11/08~2017/12/25までは季節イベント「クリスマス・ファンタジー」でのキャッスルプロジェクション「ディズニー・ギフト・オグ・クリスマス」が行われます。こちらは新規のキャッスルプロジェクションですので、こちらはこちらで楽しみましょう。

クリスマス・ファンタジーを過ぎた後の予定はまだ発表されていませんが、新しいキャッスルプロジェクションが出てくることを期待して待っていましょう。