落とし物をした時は、メインストリートハウスかゲストリレーションへ行こう

東京ディズニーリゾートは、年間数千万人の来園者が訪れます。

来園者が多数訪れるということは、落とし物もかなり多くなるということで、自分の大切なものをなくしたのであれば一大事です。

そこで、大切なものを東京ディズニーリゾートで落としてしまった時、どうすれればよいかをいくつか書いておきます。

落とし物をした時

東京ディズニーリゾートでは、落とし物(遺失物)は結構大量にあるようです。ですので、落とした心当たりがあるのであれば、まずはそこのキャストに確認するのがよいと思います。

まずは現場に聞く

落とし物をした時に、落としたのがアトラクションであれば、アトラクションのキャストに聞いてみるのがよいと思います。落とし物を聞かれたキャストはゲストを無下にすることはないはずですので、まずは聞いてみましょう。アトラクションによっては、その場で対応できないものもありますので、もしアトラクションで対応できないのであれば、遺失物を取り扱っている場所に届け出をするのが良いです。

その他お店やレストランでも、そこのキャストに聞くのがおすすめです。特にレストランなどでは落とし物を見つけたら確保するので、多少見つかりやすいかもしれませんね。

遺失物を扱う場所へ行く

東京ディズニーランドにも東京ディズニーシーにも遺失物を取り扱う場所があります。

東京ディズニーランドですと、メインストリートハウスという場所になります。ワールドバザールにあり、パーク入り口から見てワールドバザールの左手にメインストリートハウスはあります。

東京ディズニーシーでは、ゲストリレーションという場所になります。パーク入り口から入ってすぐにありますので、迷うことは無いと思います。

メインストリートハウス

メインストリートハウス

遺失物の届け出をする

メインストリートハウスや中に入って、窓口で遺失物の届けをの旨を申し出ましょう。

どのような物を無くしたのかをできるだけ詳細にキャストに伝えましょう。

  • 日時
  • 場所
  • 無くした物は何か
  • フルネーム

は聞かれます。この情報を元に、メインストリートハウスやゲストリレーションに届いているかを確認します。遺失物がすでにあればその場でキャストが持ってきてくれるので、指示に従いましょう。

この際、無くした物の特徴があれば、できるだけ詳細に伝えておきましょう。口で言いにくいときは、スマートフォンなどで画像を出してそれを見せて確認してもらうことも出来ます。

届け出用紙とスマートフォンで表示した画像を一緒に撮影してくれるので、遺失物をマッチングする時に役立つようです。

手順

  • 窓口に行く
  • 遺失物の届け出る旨を伝える
  • 遺失物の特長をできるだけ正確に伝える
  • キャストが遺失物で届いているかを確認。あれば引き渡されます。
  • ない場合は、後日見つかった時の為に名前、住所、電話番号を伝える。

後日見つかったときは、窓口で伝えた電話番号にディズニーリゾートかオリエンタルランド(ディズニーリゾート運営会社)から連絡電話が来るようになってます。電話が来たら遺失物の確認と、引取方法が確認されます。「パークに取りに行く」か「郵送等で送ってもらう」という方法が選べます。

まずは電話が来たら、どのようにするかを考えておきましょう。

遺失物が見つかった場合

オリエンタルランドの番号から電話連絡が来ます。電話番号は047から始まるもので、発信専用の番号になっています。かかってきた番号にかけてもガイダンスが流れるのこの番号にはかけなくて構いません。

もしかけ直したい場合は、

東京ディズニーランド 遺失物センター

受付時間:10:00~19:00

東京ディズニーシー 遺失物センター

受付時間:10:00~19:00

となっているので、こちらにかけましょう。

電話で確認されることは、

  • 落とし物の確認
  • 落とした日の確認
  • 本人の確認
  • 紛失物の受取方法の確認
  • 住所・電話番号の確認

になるでしょうか。遺失物の届けで書いた内容を確認することが主ですね。

オリエンタルランドから発送して貰う場合、普通郵便(定形外)か、ゆうパック(着払い)という方法が取られるようです。高価なものであればゆうパックをおすすめされると思います。

到着

TDL遺失物到着

普通郵便で郵送を選んだら、2日後に届きました。時間を考えると発送方法を決めてからすぐに送ってくれた感じですね。汎用封筒かと思ったら、遺失物センター専用の封筒になっています。

割り印

封筒裏の割り印はデイジーのスタンプになっています。

遺失物とレター

中には遺失物と1枚のレターです。梱包も普通のネットショップと比べ物にならないくらい丁寧に行ってくれています。ゲストの大切なものということで徹底されているのだと思います。

東京ディズニーリゾートで物を無くしても戻ってくる確率は結構高いと言われていますが、やはり物を無くさないのが重要ですね。

まとめ:紛失物はすぐに出るとは限らない

物をなくしたときは、なくしたと思われる場所のキャストにまずは聞いてみましょう。分からないという返答やすぐには対応できないという場合は、東京ディズニーランドではメインストリートハウス、東京ディズニーシーではゲストリレーションに行って、紛失物の届け出をしましょう。

毎日多数の落とし物が集まりますが、パーク全体から紛失物が届くのはすぐとは限らず、パークの営業が終わってから沢山集まることもありますので、無くしたものをその日に受け取ることはあまりないかもしれません。

その時点で落とし物が届けられていなければ、翌日以降にみつかったら電話が来るようになっているので、その後パークに取りに行くか郵送で送ってもらえば一件落着になります。もちろん、落とし物が見つからないこともありますので、そういう場合は仕方ないです。

できるだけ、落とし物をしないように、自分の持ち物をうまくコントロールして、楽しいパーク体験をしていきましょう。