できるだけ列に並ばないように東京ディズニーリゾートでの食事を考えよう

東京ディズニーリゾートでは沢山の食べ物屋さんがあります。いろいろな種類のお店がありますが、混雑しているときはかなり並ぶので、食事してゆっくりしたくても、食事をするためにぐったりするということも考えられます。

食事はできればゆっくりしたいところ。東京ディズニーリゾートではどのように食事をすればあまり並ばずに済むかを考えておくと、少しはストレスが減るかもしれません。

東京ディズニーリゾートへ行く前に、食事をどのようにすれば楽かを考えましょう。

東京ディズニーリゾートでの食事どころ

東京ディズニーリゾートへ行く時は、パーク内に食べ物を持ち込むことはできません。ですので、中で食べる場合はいつどこで何を食べるかによって行動が変わります。

 

レストランで食べる場合

レストランで食べるのであれば、選択肢としてはいくつかあります。

  1. プライオリティーシーティングで予約をする
  2. レストランがオープンしてすぐ行く
  3. ひたすら並ぶ

となります。

プライオリティーシーティングで予約をする

基本は公式予約サイトから利用前日までに行きたいレストランを予約します。

予約開始は1ヶ月前からで、早い者勝ちになっています。予約できればシートが用意されますので、必ず利用することができますのでおすすめです。プライオリティーシーティングを利用するレストランは、座って食べる所でお値段が張るところが多いです。もし予約が取れたのであれば1番ストレスがかからない食事になるかもしれませんね。

空きがあれば前日まで予約できますが、当日予約も朝の9:00から、店頭での予約は10:00から始まります。満席でなければ予約できますので、空いている時間帯を選びましょう。

予約をとると、時間が縛られるのが欠点ではありますが、ゆっくり座って食事ができるので、おすすめです。

レストランがオープンしてすぐ行く

プライオリティーシーティングに対応していないレストランでは、レストランがオープンするくらいの時間帯(10:00ころ)は空いています。大抵はショーの席取りやアトラクションに並んでいる人が多い上、パーク内のゲストも少ないのです。

すぐに料理も出てきますし、席も空いていますので自分のペースで動くことができます。

食事時間のリズムがくずれるかもしれませんが、パーク内で時間を有効に使うのであれば、遅い朝ごはんや早い昼ごはんとして10:00~11:00あたりにレストランで食事しておくと、時間を有効に使えるかもしれません。

ひたすら並ぶ

混んでいる時間でもお腹すいたら仕方ありません。ひたすらレストランに並びましょう。レストランであればなんでも良いのであれば、カウンターサービスのレストランを利用すると、席が空き次第座って食べることができそうです。人気があるレストランでは1時間以上待つこともありますので、できれば避けたいところですね。

食べ歩きフードで過ごす

東京ディズニーリゾートのワゴンなどで販売されているフードで過ごすパターンです。パンやピザ、チキンレッグ、ホットドッグ、ポップコーンなどいろいろな種類のものがあります。お手軽に買える分、量も多くないのでお腹を満たすとかなりの金額になるのがデメリットです。

食べ歩きフードも、早い時間であれば並ぶ列は短いので、お昼時が来る前に購入しておくをおすすめします。

まとめ

東京ディズニーリゾートのパーク内で食事をする場合、列に並ぶストレスを少なくするためには

  1. プライオリティーシーティングで予約する
  2. レストランオープンと同時に行く

というのがおすすめです。お昼時を過ぎるとある程度の列はできたままになるので、1番良いのは最初の1時間くらいまでだと思います。

場合によっては、人気アトラクションのファストパスを取ってからゆっくり食事というのもありです。食事をするために並ぶのは、よほど楽しみな食事(イベント限定など)でなければ、ストレスがかかりやすいので、ぜひ食事は早めに済ませてパークを楽しんで欲しいと思います。