【TDS】ディズニー・パイレーツ・サマーの情報が少しずつ

夏に行われる予定の東京ディズニーシー季節イベントは、「ディズニー・パイレーツ・サマー」になっていて、パイレーツ・オブ・カリビアンをテーマとしたイベントは初めてとなります。

東京ディズニーシーにはあまりパイレーツ・オブ・カリビアンの色がなかったので、季節イベントで作品テーマとして行われるのは異例とも言えます。もちろん、パイレーツ・オブ・カリビアンの最新映画が公開されることもありますので、そちらの絡みもあるかもしれませんね。

ですが、海ネタとしてはこれ以上のものもあまりないので、東京ディズニーシーでパイレーツ・オブ・カリビアンが進出するのも大歓迎ではあります。

ハーバーショーも限定のものがありますので、かなり力が入るものだと思って良いでしょう。

ハーバーショー「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェッ ト!”」

ハーバーショーの名前は「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェッ ト!”」とのことで、ジャック・スパロウとバルボッサが戦うものになるようで、ファンはかなり楽しめるものになりそうです。ですが、夏イベントのハーバーショーで、なおかつ”ゲット・ウェット”などとわざわざ表記してあるということですので、水は大量に放出されると思いましょう。写真や動画を撮影する予定の方は、防水対策を怠らないか、超望遠などで撮影するなどの工夫が必要になりそうです。

今のうちに水対策とパイレーツ・オブ・カリビアン対策をしっかりとして、夏のイベントに備えましょう。

パイレーツ・キャンティーナ・フィエスタ

また、海賊が集う酒場をイメージした「パイレーツ・キャンティーナ・フィエスタ」が展開されることも発表されました。ロストリバーデルタで行うということですので、ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナあたりでパイレーツ・オブ・カリビアン装飾が施されるのかもしれません。

「パイレーツ(海賊)・キャンティーナ(酒場)・フィエスタ(パーティ)」のような意味ですので、楽しい酒場になると思われますが、どのようなものになるのかは続報を待ちましょう。

その他

海賊のアトモスフィア、オリジナルグッズ、オリジナルメニュー、オリジナルデコレーションはお約束ですので、そちらも期待したいところです。

最後に

東京ディズニーシーでの夏イベントが単作品テーマになりました。パイレーツ・オブ・カリビアンがテーマということで、パークの「海」というラインに沿ったものではありますし、派手に水が飛び交うものにも違和感はまったくありません。

暑い夏のイベントとして、びしょ濡れになりながらしっかりと楽しみましょう。