【TDR】2020年までに建設予定の新規アトラクションや施設

東京ディズニリーリゾートでは、新規アトラクションを建設する計画が現在工事中のものを含めて複数あります。

アトラクションをクローズしたところに新たに建設するもの、未開発地に建設するものなどがありますが、昔からあるものから新しいものに変わるのが主なので、長い目で見れば良いことなのかと思います。

2020年まで画されている新規アトラクションや施設のオープンを楽しみにしておきましょう。

東京ディズニーランド

東京ディズニーランドは、グランドサーキット・レースウェイとスタージェット、及びそれぞれのそばにあるお店をクローズして、新しいものが作られます。内容は

  • 美女と野獣のエリアとアトラクション
  • ベイマックスのアトラクション
  • 大型ライブエンターテイメントシアター
  • グリーティング施設

となっていて、かなり大掛かりなものになっています。

美女と野獣のエリアとアトラクション

「美女と野獣」の世界を体感できるエリアがファンタジーランドに作られます。ここにはお城や村などがあって、映画の世界を満喫できるものになる予定です。お城はオリジナルのライド型アトラクションになり、周辺にはレストランとショップが1つずつできます。

アトラクションも美女と野獣の世界に入り込めるものになっているので、ファンは楽しめそうです。

オープンは2020年の春予定です。

ベイマックスのアトラクション

トゥモローランドに作られる、東京ディズニリーリゾートでは初めてになるベイマックスのアトラクションで、予測不能の動きをするライド物ということです。プーさんのハニーハントに近いアトラクションになるのかもしれませんね。

アトラクションの横にはポップコーン専門店ができるということですので、そちらも期待しておきましょう。

大型ライブエンターテイメントシアター

ファンタジーランドに1500人規模という大型のライブエンターテイメントシアター、ぶっちゃけると舞台が作られます。大型の屋内型劇場ということで、今まででは出来なかったショーができるようになるかもしれません。大きい舞台ですと、大道具や出演するキャストも多くなりますので、かなり豪華になりそうです。

グリーティング施設

トゥーンタウンの中に、ミニーマウスのグリーティング施設が作られます。フォトスタジオを模したグリーティングということで、少し違った写真を撮ることができるようになりそうです。

東京ディズニーシー

東京ディズニーシーの新しいアトラクションは2つで、

  • ニモ&フレンズ・シーライダー
  • ソアリン(仮称)

で、現在建設中になっています。今年はニモ&フレンズ・シーライダーがオープンし、再来年に「ソアリン(仮称)」がオープン予定です。

ニモ&フレンズ・シーライダー

ストームライダーの跡地に改装建設中のニモ&フレンズ・シーライダーは、ストームライダーと同じくライド型のアトラクションで、ニモの世界を体験できるものになっています。オープンは2017/05/12予定になっています。

ソアリン(仮称)

メディテレーニアン・ハーバーの未開発地に「ソアリン(仮称)」という体験型のライドアトラクションが作られています。海外のディズニー・テーマパークで人気のアトラクションが、東京ディズニーシーオリジナル要素を加えて提供されます。オープンは2019年予定です。