お父さんのためのディズニー作品紹介「白雪姫」

東京ディズニーリゾートではキャラクターはかなり多くグリーティングに出てきているのですが、その中でも1番有名とも言えるのが白雪姫です。白雪姫のストーリーや名前は年配の世代でもだいたい分かるくらいに知られているのですが、現在の様に沢山の作品が出ていると、どういう作品だったかを忘れてしまうかもしれません。

ディズニーの中ではかなり歴史的にも重要なキャラクターですので、概要だけでも覚えておくとパークに行った時も少し違った味方ができるかもしれませんね。

 

白雪姫について

白雪姫は、グリム童話の「白雪姫」を原作にしたと言われる世界初のカラー長編アニメーション映画とされています。アメリカで 1937/12/21に公開され、日本では十何年も後に公開されました。アニメーション映画の傑作として日本のアニメ界にも結構影響を与えた作品になっています。

  1. 王女(白雪姫)は継母であり魔女である女王にひどい扱いを受けていた
  2. 女王が魔法の鏡に「世界で一番美しいのは誰?」と聞くと白雪姫と答えられたので、白雪姫を殺害することを企てる
  3. 白雪姫はなんとか城から逃れ、森の小人たちに匿ってもらう
  4. 老婆に化けた女王が白雪姫の元に来て毒リンゴを渡し、白雪姫は毒リンゴを食べて亡くなってしまう
  5. 悲しんだ小人たちは白雪姫をガラスの棺に安置する
  6. 王子が白雪姫を見つけて口づけすると、白雪姫は生き返り、王子と幸せに暮らすように

と言う感じでしょうか。結構突飛な話ではありますね。

重要人物は、白雪姫、女王(老婆)、7人の小人(ドワーフ)、王子になります。特に重要なのは、実は白雪姫よりも女王(老婆)になっています。

東京ディズニーリゾートでの白雪姫

東京ディズニーリゾートでは、アトラクション、ショー、パレード、グリーティングで白雪姫関連は登場しています。

アトラクション

白雪姫と7人の小人というアトラクションがあります。白雪姫メインというよりも女王(老婆)がメインの「怖いキャラクターが出る」ライド系アトラクションになっています。

ワンス・アポン・ア・タイム

少々ですが、白雪姫関連の映像があります。

グリーティング

白雪姫はたまに出ますが、王子も時々登場しているようです。

パレード

ハピネス・イズ・ヒア(~2018)では、ほぼ先頭近くに歩いて登場します。

エレクトリカルパレード・ドリームライツ(2017/07~)ではフロートに乗って登場しています。

ファンタズミック!

映像やバージで出ています。

代表曲

代表曲は「いつか王子様が」でしょうか。白雪姫が王子を待っているという曲ですね。

まとめ

白雪姫はディズニーの長編アニメ映画の中でのごく初期に公開されましたが、当時の技術力としては最先端のものになっていました。

そういう流れもあり、ディズニーの世界でも白雪姫はずっと存在し続けています。他のプリンセスよりも華やかな感じはしないかもしれませんが、この先ずっとディズニー・プリンセスのままで居続けるキャラクターです。

アトラクションや映画などの展開はこの先あまりないと思いますが、永遠のディズニー・プリンセスとして白雪姫を覚えておきましょう。