宿泊よりもパークが重要!東京ディズニーセレブレーションホテルはパークに入り浸る人におすすめ

東京ディズニーリゾートには4つのディズニーホテルがあります。

ディズニーランドホテル、アンバサダーホテル、ホテルミラコスタ、セレブレーションホテルの4つです。

このうちセレブレーションホテルは、他の3ホテルとは違い「バリュータイプ」のホテルという位置づけになっていて、宿泊費が安くなっています。その分ディズニーホテルの中でもサービスを絞っているので、多少人を選ぶホテルになっているかもしれません。

そんな東京ディズニーセレブレーションホテルの特徴を書いておきたいと思います。

東京ディズニーセレブレーションホテルについて

東京ディズニーセレブレーションホテルは、2つのホテルがあります。

  • 東京ディズニーセレブレーションホテル:ウィッシュ
  • 東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー

の2つで、それぞれ違うテーマで作られています。

東京ディズニーセレブレーションホテル:ウィッシュは、「夢」や「ファンタジー」がテーマになっていて、全体的に明るいイメージになっています。中庭には「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」をモチーフにしたトピアリーがあり、夜にはライトアップされます。ざっくりいうと女の子向け。

東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバーはその名の通り、「冒険」や「発見」がテーマになっていて、ディズニーリゾートでのワクワクした気持ちを掻き立てるようなイメージになっています。中庭はパイレーツシップのトピアリー等があり、こちらもライトアップされます。ざっくりいうと男の子向け。

サービス

他のディズニーホテルとは違い、ある程度割り切ったサービスになっています。

  • 昼食、夕食はなく、朝食のバイキングのみ。しかもパンがメインの洋食(大人1,300円)。
  • 部屋まで荷物は自分で運ぶ
  • アメニティーが比較的簡素
  • ルームサービス無し
  • ホテルまでの荷物の無料配送がなし

などです。特に夕食が無いということで、外で食べてくるなどの手段が必要になります。もしくはホテルショップでお菓子やドリンクを購入して食べることになります。

ディズニーホテル宿泊者用の特典(15分前入場、入園保証、無料送迎バス)はあるので、そこは安心しましょう。

立地

バスで公称20分ほどディズニーリゾートまでかかります。ですので、15分前に入れるものの他のホテル宿泊者よりはかなり早めに出発する必要があります。

駅からのアクセスは、新浦安のホテルエリアということでバスが結構ありますので、パークに行くよりは便利です。羽田空港や成田空港からも新浦安のホテルエリア(ベイサイドホテルエリア)へのバスはあります。

 

まとめ

東京ディズニーセレブレーションホテルの2棟は、他のディズニーホテルとは違うところもありますが、客室やロビーはディズニーの世界が広がっています。そういう世界観はたくさんありつつも、提供するサービスを少なくして金額的に泊まりやすいホテルという位置づけなのですね。

ディズニーランドホテルやホテルミラコスタに泊まるのは大変でも、セレブレーションホテルであればなんとか泊まることはできるかもしれません。

ホテルに篭もるよりは開園から閉園までパークで過ごすという方でしたら特にセレブレーションホテルはおすすめです。ホテル宿泊代の差額の分はグッズなどの他の用途にお金を回すことが出来ますね。