国土交通省が高速道路からパークなどへ直結するIC設置を認可へ

国土交通省が高速道路と近くの遊園地やアウトレットモールなどを直結させる専用インターチェンジの設置を認めるというニュースが流れました。想定では、東京ディズニーリゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパン、大型アウトレットモールなど高速道路出口や周辺道路が渋滞しやすいところのようで、直結できれば渋滞の緩和ができると踏んでいるのですね。

東京ディズニーリゾートは、首都高速湾岸線の葛西インターチェンジか浦安インターチェンジを下りて向かうのが一般的で、出口や東京ディズニーリゾートまでの一般道(国道357号線)などの一般道が渋滞することもあります。

確かに渋滞が緩和されれば、パークなどに行く人やその場所を通過する人にとっても良いことには違いありません。実現すれば結構ありがたいと思う人も多いと思います。

とは言え、その建設費用や敷地を考えると、東京ディズニーリゾートで実現はかなり難しいと思います。

敷地はありそうで無いですし、道路を作るよりはパークのリニューアルに投資したいところです。東京ディズニーリゾートは来年35周年ということで、現実的には建物も老朽化しているものもあります。そういう建物の更新する費用も馬鹿にならないので、現実的ではないのが正直なところです。

クルマで来ると渋滞するものの、電車で来れば良い場所に東京ディズニーリゾートはありますので、「公共の交通機関を使うのを推奨」とされる感じで現状のままでしょう。

効果がありそうな場所は他にもいくつかありそうですので、そういう所の渋滞がなくなれば、それはそれで良いことだと思いますね。

国交省が想定するのは、東京ディズニーリゾート(千葉県)やユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪府)といったテーマパークや、三井アウトレットパークジャズドリーム長島(三重県)や鳥栖プレミアム・アウトレット(佐賀県)など人気の大型商業施設。混雑時には近くの高速出口付近の本線から施設の駐車場まで渋滞が続き、課題となっていた。

高速道のインター、遊園地に直結 渋滞緩和へ来年度から (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース