クルマでTDRへ!東京ディズニーリゾート駐車場について

東京ディズニーリゾートは大型テーマパークですので広大な駐車場がいくつもあります。

場所によっては駐車場が1kmも離れてしまうくらいのところもあり、パーク内に入った時はすでにへろへろになってしまう人もいるかもしれませんね。

できれば近いところに駐めたいのは誰もが同じ。東京ディズニーリゾートでの駐車場についてまとめてみたいと思います。

東京ディズニーリゾート駐車場

東京ディズニーリゾートは、ディズニーランド駐車場、ディズニーシー駐車場の他にR1~R8の駐車場があります。

一番近い場所になるのが言うまでもなくディズニーランド駐車場とディズニーシー駐車場になります。こちらからクルマが駐車されて行き、埋まり次第R1~R8までのリゾートパーキングに誘導されていきます。

駐車料金

一日での料金になります。東京ディズニーリゾート駐車場は日をまたいで駐車することはできません。

  • 普通車(車長5m未満):2,500円(平日)、3,000円(土日祝)
  • 大型車(車長5m以上):4,500円(平日)、5,000円(土日祝)
  • 原付・二輪:500円(平日・土日祝)

支払い方法

  • 現金
  • 各種クレジットカード
  • 東京ディズニーリゾートギフトカード
  • デビットカード
  • ブランドプリペイドカード(JCBプリペイドカードなど)

です。

近い場所に駐車するには

東京ディズニーリゾートの駐車場は、開園よりもかなり前にオープンします。オープン前にクルマが並んでいることも多いので、近い場所の駐車場に駐めるにはそれなりに早い時間に駐車場へ行かなければなりません。繁忙期では10時位に行くとかなり遠い位置の駐車場に駐めることになります。

駐車場のオープンは、5時のときもありますし、7時のときもあります。もっと早くに開くこともあります。いつという時間は決まっていないようですね。

駐車場の入り口

駐車場の入口へ向かうには、基本は東京ディズニーリゾートのまわりを左回りに進行するようにしましょう。外側車線から右折侵入はできないようになっています。R1、R2も同じ入口です。

交差点

東京ディズニーランド駐車場入口は、東京ディズニーリゾートの表示が見える交差点を超えてすぐ、東京ディズニーシーはオフィシャルホテルの前をずっと進んでいくと左手に入口が見えてきます。

再駐車について

東京ディズニーリゾート駐車場では、一度出庫してから別の駐車場に行くことも可能です。東京ディズニーランド駐車場、東京ディズニーシー駐車場、リゾートパーキングR1~3、R6~8が対象です。

手順は、最初の駐車場は普通に駐車料金を支払って駐めます。パークに行って遊んだなど用事が終わった後、普通に駐車場から出ます。

他の東京ディズニリーリゾート駐車場に行く場合、新たに駐めようとする駐車場の料金所で「前の駐車場で駐車料金を支払った駐車券(領収書)」を渡します。キャストがクルマの登録番号を駐車券にボールペンで書きます。同じクルマであれば駐められると説明があった後、駐車スペースに行くことができます。

もちろん、同じ駐車場でも大丈夫です。例えば、午前中はパークで遊んだ後、お昼ごはんを食べにクルマで新浦安方面や葛西方面に行き、再び東京ディズニーリゾートへ戻るなどですね。再駐車する位置はパークからは基本的に遠くなります。

あまりそういう使い方はしないかもしれませんが、可能ということですね。

まとめ

東京ディズニーリゾートの駐車場は空いたスペースにクルマを入れるという運用ではないので、早く来れば来るほどパークエントランスに近い場所の駐車場になります。

また、1日2パークに行くことがあるとすれば、ディズニーランドとディズニーシーの駐車場両方使えますので、2回分支払う必要が無いので安心しましょう。