東京ディズニーリゾートでは冬に防寒対策は必須!

東京ディズニーリゾートは、冬の間は防寒対策はしっかりとする必要があります。

海の近くなので風が強く、体温をかなり奪われてしまうので、しっかりと服を着込んでいかないとなりません。その他にも寒さ対策として様々なことをして、うまくディズニーリゾートの寒さを乗り越えていきましょう。

東京ディズニーリゾートでの防寒対策

防寒対策はいくつかあります。

  • 風がない日に行く
  • 服を着込む
  • 寒い所ではなく温かいところに行く

が主だったところです。

風がない日に行く

東京ディズニーリゾートは、雨や雪よりも風が手強いです。風が強いと一気に体温が奪われてしまうのと、アトラクションやショーが中止になったりします。強風のときの東京ディズニーリゾートはあまりおすすめではないのですね。

予約などをして強風の日にいくことになったら、防風を意識した服で行きましょう。

服を着込む

服を着込めば寒い中でも動けるようになります。ポイントは、風が肌に当たらないようにすることと、服の重ね着で空気を逃さないようにすることです。

ニット系はインナーにして、ウィンドブレーカーなどの風を通さない上着を使いましょう。また、最近多くなってきている「繊維が発熱する服」はかなり有効ですので持っていればぜひ利用しましょう。長袖を2枚重ね着するとかなり保温力があがりますのでおすすめです。

あとは、手、首、腰、足首を冷やさないようにすれば、よっぽどのことが無い限りは寒さには負けないと思います。

寒い所ではなく温かいところに行く

寒い屋外よりも、室内型アトラクション、ショー、レストランなどの風が吹かないところで楽しむのもひとつの手です。

特にレストランは温かい屋内に長時間居られるのでおすすめです。アトラクションは、マジックランプシアター、マーメイドラグーンシアターなどのシアタータイプが良いと思います。

ハーバーショーやパレード待ちのとき

ハーバーショーやパレードの待ちの時は屋外でじっとしていることになります。風が吹いても耐えなければならないので、風を通さない服が大前提になります。その上、座っていることになるので、座る所はレジャーシートをしくのではなく、折りたたみクッションのような厚手のものを使うのをおすすめします。風も大変ですが、地面からもかなり熱を奪われますので、注意が必要です。

パーク内のショップでも販売していますので、ぜひ利用してください。

まとめ

冬の期間は東京ディズニーリゾートでは防寒対策、特に風の対策は必要です。

対策なしでは場合によってはパークに来てから1時間ほどで撤退する可能性もありますので、後悔しないためにもしっかりと服を着てから東京ディズニーリゾートへ向かいましょう。